乱読ノート ~出町柳から哲学の道へ~

イギリス思想史を研究する大学教員の読書ノートです。もともとは自分自身のための備忘録として設置したものですが、「隠れ名著、忘れられた名著に関する情報を学生の皆さんに発信したい」というささやかな期待もこめられています。

2024年3・4月の読書の記録

2月12日に突発性難聴を発症して以来、眩暈や吐き気の症状に悩まされており、読書が困難になっている。大学教員になってから、読書をまともにできない期間がこれだけ長く続くのは初めてである。とてもつらい。そんな中、唯一通読できたのがこれである。3回生のゼミテキストの物色を兼ねて。マンガながら、その内容のクオリティの高さに感心した。想定外の名著、最良のカント入門書である。(ただ、女性型アンドロイドが家政婦という設定は、ジェンダー平等の観点から、必ずしも問題なしとは言えない気もするが。)これを読んだ後で、黒崎政男カント『純粋理性批判』入門 (講談社選書メチエ)』へと進むのが良いだろう。ちなみに、このシリーズ、何気に名作ぞろいである。『人口論』も本当よくできている。マルサス研究者の僕が言うのだから、間違いない。

2024年1・2月の読書の記録

2023年11・12月の読書の記録

2023年9・10月の読書の記録

2023年7・8月の読書の記録

2023年3・4月の読書の記録

2023年1・2月の読書の記録

2022年11・12月の読書の記録

2022年9・10月の読書の記録

2022年7・8月の読書の記録

2022年5・6月の読書の記録

2022年3・4月の読書の記録

2022年1・2月の読書の記録